?医?傑??茵???

Pintrestはビジネスに使えます。

2012.07.31

Pintrest

楽天の資本参加で話題となったPinterstです。
楽天の公式Pintrestサイトも完成しました。
このサイトはPinterstガイドとなっており、使い方、ID取得の仕方が紹介されています。
そして楽天のPintrestサイトが紹介されています。
楽天市場
楽天トラベル
楽天レシピ
の3つです。
Pintrestの意味はPinとInterestをくっつけた造語です。Pinはピンですね。興味ある画像をピンで固定する。そんな意味でしょうか。
形はSNS。フォロワーとフォローで繋がります。
そしてTwiterやfacebookと連携していますので、自分がPinした情報は発信されます。
概念は一つの画像(動画)がPin。
そしてボードはコルクボードの様な物。
コンピュータ的にはホルダーです。
それではPintrestの雰囲気を。私の画面です。

左側の窓が私のフォロワーの方の情報。
沢山見えるのが私がフォローしている対象です。
対象はテキストに記載されて内容でpin ボード そしてIDとなります。
それでは私の画面でお気に入り画像をクリックしてみましょう。
上にあるmarumaru Via shimaku これはshimakuさんがpinしてmarumaruさんがリピンした。私はmarumaruさをフォローしていますので紹介されました。
これの選択は、何もしない。Like Repinです。
Likeはfacebookの良いねのようなものです。Repinをクリックすると、自分のどのボードに入れるか、コメントをどうするかを聞かれます。
ダブルクリックするとURLが埋め込まれている場合、そのサイトに飛びます。
通販サイトの場合、直接買い物カゴに飛ばす事が可能です。楽天が使う理由もここにあります。
成功事例として紹介されているアメリカのReal Simple誌のPintrestサイトをご覧下さい。
PintrestIDが無くても見ることができます。
ここで招待の要求がありますので、ここからメールアドレスを書き込むと数日後に招待メールが届き、IDの取得ができます。
このサイト
69 Boards
3,791 Pins
1 Like
Activity
145,659 Followers
30 Following
フォロワー数 145,659となっています。
Pintrestの大きな特長は、女性ユーザーが多い事。従って綺麗な物。美味しい物。珍しい物等の投稿が多くなっています。
従ってフォロワーを増やすには単に、商品画像をアップするだけではなく、人に興味を持って貰える物が大切な要素ですね。
このReal Simple誌でみても同様なことが言えますね。Delicious Desserts(美味しいデザート)というボードには119713 のフォロワーがいます。皆さん美味しい物には目がないという事ですね。
このような事例からビジネスに使えると言われる所以です。フリーペーパー等の冊子でも、皆さんが興味を持って貰える画像をどんどんPinすることで、Repin Repinが繰り返されフォロワーが増してくることが期待出来ます。
Printで検索すると印刷会社がやっているケースもありますが、多いのはデザイナー系の方ですね。確かにデザイナーの場合、ご自分の作品の発表の場になりますのでビジネスへの期待は深まります。又色々見る事でヒントを得る事にもなるのではと思います。













デザインQRコードのお奨め!

2012.07.19

QRコード 

1994年当時の(株)デンソーがQRコードを公開して18年。印刷紙面ではすっかりお馴染みになりました。しかし、未だに携帯サイトへの誘導。
今年販売される移動電話が4000万台。内スマホが70%と言われています。
こんなに一般的なのに何故?
・スマホにバンドルではなく、ダウンロードの必要がある。
・スマホ専用サイトでないと、重くて動かない。

確かに。
しかし、日常iPhoneを3Gで動かすと重い。wifiの方が快適。
スマホサイトの方が快適か?
そんなに気にならないと思います。
例えばfacebook アプリではシェアできないのでその場合はブラウザからパソコンと同様に入ります。
その時、動作にさして差があるとは感じません。

折角あるwebサイト。特にスポンサーサイトへの誘導はフリー・ペーパーには効果的だと思います。

良く言われる事に雑誌を含めて冊子類の効果が見え難い。
ORコードで誘導すれば、ログ管理が可能です。
その実績データをクライアントに提示されれば広告効果の判定に役に立ちます。
ご興味を持っていただけるようでしたら、お問合せ下さい。

モノクロのQRコードは味気の無い事ですね。
そこで簡単にカラー・デザインコードが作れます。
当社の別部門 プリントスタッフへの誘導です。

プリントスタッフの蟻さんと文字をいれて、ドットはハートにしてみました。
この程度であれば無償ソフトで作成できます。

よの中には本当に感動する様なデザインQRコードがあります。
このサイトをご覧下さい。
http://blog.prtimes.co.jp/yamaguchi/2011/07/qr%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89/
一番最初のルイ・ビトンサイト等本当にこのままロゴになるのではと思ってしまします。
QRコードをしても生きていますので実際にスマホで読み取って下さい。

AR(拡張現実)を想う。

2012.07.10

AR

今スマホ・タブレットの普及に伴って話題となっているAR(拡張現実)があります。

特に印刷物との相性が、ARマーカーと言われる導入マーカーが必要となることも相まって、印刷業界で導入させる会社も増しています。

ご当地熊本のゆるキャラ「くまモン」と一緒に写れるくまフォット-スマートフォン拡張現実というイベントが大変人気なようです。

しかし消費者として気になる事は、イベント毎にビューアをダンロードが必要となる。
面倒だなと感じますね。

何か良い物ないかなと探していたら、Arqball SpinというiPhone iPadアプリを見つけました。

これは、物を回転させて360度撮影するアプリです。
撮影した画像を登録して、サイトからURLを発生させる事で、スマホ・タブレット・PCのブラウザで回転させる事が出来ます。

これがアイコンです。
このからダウンロードできます。
無償です。
http://itunes.apple.com/jp/app/arqball-spin/id507266964?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
このアプリをダウンロードし、Arqballサイトでアカウントを作成し、ログインすれば使えます。
実際の撮影はムービーになりますので、iPhoneを支える三脚や回転テーブルが必要ですね。

ここで撮影した回転画像はArqballサイトに送られそこでURLを発生して、共有できます。

広告の中で、商品を360度回転させて見せるようなアイテムに使えると思います。

印刷物にQRコードを記載すれば、良いです。
Arqballのサンプルを借用してデモでご覧下さい。


|1|

テーマ アーカイブ
Windows10
DTP
ユニバーサルデザイン
エコ
基本情報 個人情報保護法 JIS Q 15001 プライバシーマーク
印刷用紙
PRINT 09 展示会
e-book
スマートフォン 
Google 検索
クラウド 
タブレット 
ソーシャルメディア ポリシー 
印刷機 
クラウド
Drupa 2012 展示会 
AR
QRコード 
Pintrest
デザリング
O2O
SNS
画像認識技術
セキュリティ 
動画マーケッティング 
マイナンバー 
オムニチャンネル 
3Dパノラマ
食品の機能性表示 
文字情報基盤 
基本情報
雑記
月別 アーカイブ
2015年11月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
年月
RSS1.0

ご注文やお見積り、資料請求、お問い合わせはお気軽に 電話096-319-5933(受付時間 平日AM9:00〜PM18:00)お問い合わせフォームはクリック