?医?傑??茵???

SkyDriveのご紹介

2013.05.22

クラウド 

当社では全営業担当にiPadを持たせ、業務利用しています。
若手数名を先行させ実施した結果、活気的な効果がある事が確認できました。

利用目的
? PDF校正
? イントラネット上にある生産進捗の把握
? POPメールの受送信
? 撮影した画像の転送
? パワポ・プレジ−等によるプレゼンテーション
? e-bookのデモ
? COCOAR(拡張現実)のデモです。

これらを全営業が使える様に、教育を順次実施します。

次の課題はオフィスで作成したデータの、修正や出先での新規作成です。

今までGoogleDocやアプリで調べていましたが、オフィスで作成したファイルの親和性に関しては怪しいので、新規作成しか使えない。

マイクロソフトはタブレットやクラウドサービスで、完全に出遅れ。Windoes8で社運を賭けているなと実感させられるのが、SkyDriveのサービスです。
DropBox:2G Googleドライブ5G iClud:5G等の比較
がマイクロソフトのサイトに記載してありますが、ストレージの大きさに判断するのは野暮な事。例えばiCludの5Gをバックアップに使ったら、16GのiPhoneですら不足。有償サービスを利用させられる。
クラウドサービスは目的を明確にして利用する事が必要ですね。

SkyDriveはオフィスアプリへの親和性。そして実際にスカスカと言えないまでも実用に耐えるのか。
これをテーマにやってみました。
マイクロソフトのSkyDriveサイトに入ります。
マイクロソフトのIDでログインします。

SkyDriveアプリをダウンロードします。
これはDropBox等と同様です。
次にiPadのアプリをAPPストアからダウンロードし、ID、パスワードでログインします。
このアプリはPCと同様にディスク管理が目的です。SkyDriveの編集はブラウザで実施します。
Word、Excel、PowerPoint、OneNoteのアプリが何と無償で使えます。
しかもOffice 2003/2007、2008、2010/2011 と併用できます。これはマイクロソフトだから出来る事。
DropBoxを使っている私は、ファイルはDropBoxにあります。
今までの様にDropBox上でアプリとしてSkyDriveが扱えれば嬉しい。

ブラウザ版SkyDriveで開くとビュア画面ですが、ブラウザを選択をクリックするとアプリとして使えます。

こわはワードのファイル。機能で不足を感じる事は無いのではと思います。
編集はタップして◯を出し、ドラッグして範囲を決めます。
フォントに関して驚いたのは、クラウドにあるMS明朝以外にファイルにて使ったPCのフォントが扱える事です。
これは感動ですね。今回はワードですが、プレゼンの場合、パワーポイントで使ったフォントが使えれば、クオリティの高いプレゼンがiPad上で出来ると思います。
クラウドで使う場合、スカスカと動いて呉れれば良いのですが、インターネットの環境に大きく左右されます。私のテストはiPhone5からのデザリングでダウンロードスピードは15〜16MB位です。3G地域ではどうなるのかな?とは想いますが、Wifi環境であれば問題無く使えると思います。

iPadを仕事に使う。便利になりました。







Adobe Maxカンファレンス

2013.05.07

DTP

Adobeのカンファレンス【Adobe Maxカンファレンス】がUSAで開催されました。

場所:LAコンベンションセンター

プレカンファレンス・トレーニング

5月3日(金)
5月4日(土)
5月5日(日)

基調講演
5月6日(月)
5月7日(火)
アドビ システムズのエグゼクティブによるアドビ技術のビジョンと製品ロードマップをご紹介いたします。今回も、サプライズをいくつかご用意しています。

セッションおよびラボ
5月6日(月)
5月8日(水)



http://max.adobe-web.jp/

衝撃的な発表がありました。

AdobeのCreative cloudの責任者Scott Morrisは「Creative Cloudはやがてわれわれの各種ツールにアクセスする唯一の方法になるだろう」と語った。
Adobeは当面CS6の販売を続けるが、それがいつまで続くかは明らかでない。新しいCreative Cloudは6月17日に公開される。

Adobeでは今後Creative Suiteの新バージョンを開発する予定はない。
ただしCS6のアプリ全種類をOS XとWindowsの今後のアップデートに対応させることを約束している。またバグ修正やセキュリティ・パッチの提供は今後とも続ける。ただし新機能の追加は一切行われない。

定期課金制への転換を容易にするため、AdobeはCS3以降のCSライセンスの保有者に対してCreative Cloudを月額29.95ドルの特別料金で提供する(期間限定)。また同様の割引をPhotoshopなどの単体ソフトの購入者に対しても適用するという。

又時代が変わる事を実感させられますね。
近い将来にはアプリのダウンロードが無くなり、すべてクラウドでのASPサービスに以降するという事なのでしょうね。

近々発表となるCreative Cloudの新バージョンを見て、今後の対応を決断しなければならないと言うことなのでしょうね。

Creative Cloud 発表になりました。

2013.05.07

DTP

先程記事をアップしたら、Adobeから新しいCreative Cloud InDesign CCが発表になっています。
http://www.adobe.com/jp/products/indesign.html

新機能を見ているとQRcode発生等、冊子よりインターネット誘導が明確になってきていますね。

|1|

テーマ アーカイブ
Windows10
DTP
ユニバーサルデザイン
エコ
基本情報 個人情報保護法 JIS Q 15001 プライバシーマーク
印刷用紙
PRINT 09 展示会
e-book
スマートフォン 
Google 検索
クラウド 
タブレット 
ソーシャルメディア ポリシー 
印刷機 
クラウド
Drupa 2012 展示会 
AR
QRコード 
Pintrest
デザリング
O2O
SNS
画像認識技術
セキュリティ 
動画マーケッティング 
マイナンバー 
オムニチャンネル 
3Dパノラマ
食品の機能性表示 
文字情報基盤 
基本情報
雑記
月別 アーカイブ
2015年11月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
年月
RSS1.0

ご注文やお見積り、資料請求、お問い合わせはお気軽に 電話096-319-5933(受付時間 平日AM9:00〜PM18:00)お問い合わせフォームはクリック