?医?傑??茵???

MMD研究所レポート「SNS/コミュニケーションサービス利用」から

2014.12.24

スマートフォン 

2014年12月22日に発表されたMMD研究所のSNS/コミュニケーションサービス利用を見ると、大変興味深い内容となっています。
記事元 
SNSに関して調べたデータです。
利用率が高いのは、Facebook Twitter Lineです。
それを年代別に並べてあるグラフです。




年代別に見た場合、FacebookとLinerが良く似た傾向があります。
Twitterは年代が高くなるに従って、利用者が少なくなっています。
DAUで見ると
Facebook: 約1,400万人
Line:約3000万人
Twitter: はデータがありません。
※ DAU (Daily Active Users )とは、1日にサービスを利用したユーザーの数のこと。

DAUで見た場合、FacebookはLineの半分になると思われます。

私の独断と偏見では、Lineは個人的な繋がりで利用。Facebookは、情報の入手に使われているのではと感じます。Facebookに登録している友人のフィールドを見ると全く更新されていなく、そのくせ「いいね」を時々呉れる方が実に多いと感じています。


来年の年賀状が面白い。その2

2014.12.09

AR

前回ご紹介した年賀状AR
ハローキティ版は、告知され年賀状にはQRコードが印刷され、アプリがダウンロードできるようになっています。
しかし、普通の年賀状も実はARで見れます。

8月27日に発表された記事です。
ソニーデジタルネットワークアプリケーションズ株式会社は、ソニー株式会社が開発した3D実写AR表現技術 LiveAction AR(ライブアクションAR)を使ったスマートフォン向けARアプリ作成サービスの提供を開始し、この度、日本郵便株式会社の2015(平成27)年用年賀葉書ARアプリへの採用が決定しました。
アプリをダウンロードしてすスタンプ部分をかざすと、この様にぽすくま君が現れます。

動画での紹介がYouTUbeでされています。
http://youtu.be/nCQ_jc8lAIA
アプリはiOS Android共対応しています。
【ゆんびんAR】で検索してダウンロードして下さい。
折角の企画なのですが、一般への浸透度が低いようです。

しかし、年賀状ARは富士フィルムの参入もあり一般消費者への浸透は確実に図られますので、来年は確実に普及していく事と思われます。 

来年の年賀状が面白い。

2014.11.26

雑記

年賀状を作成するシーズンとなりました。
年賀状は2003年がピークで44.6億枚発行されました。2014年は32.1億枚となっています。
今年は日本郵便(株)さんはとても頑張っているなと感じますね。
今話題となっている年賀状の干支です。
左が2003年です。羊がマフラーを織り始めました。
12年越しの2015年マフラーが完成しました。
しかもこの羊、糸は自分自身から取っていたようですっきりとした感じになっていますね。

その他、スマホ時代を反映してARでハローキティが見れる
ハローキティ年賀状。
『アナと雪の女王 』お年玉付 3D 年賀はがき
又Lineで郵便局【ぽすくま】を友達追加するとスマホの画像をコミカルなデザインで年賀状を作成するサービスや、はがきデザインキット2015のスマホ版では、lineの友達へ年賀状を配信するサービス等など。
本当に頑張っているなと感じさせられます。

iPhoneでオフィスが使える。

2014.11.11

スマートフォン 

iPhoneユーザーとしては本当に有難い事です。
マイクロソフトのオフィスがiPhoneで使える様になりました。
更に嬉しい事は、DropBoxと連携された事です。
アプリはAPPストアからのダウンロードです。
マイクロソフトのアカウントが必要となります。
早速テストしてみました。

インストールをしてマイクロソフトのアカウントを設定します。

この様な画面となります。
ここでWard Excel PowerPointをインストールします。
それではWardを開いてみましょう。

この様に見えます。
DropBoxが見えます。
開いてみましょう。

この様に画面を切り替えて編集ができます。
同じくエクセル

パワーポイントは横位置になります。

全てのアプリで新規に作るのは如何と思いますげ、修正であれば使えます。
DropBoxに保存すれば、その他のアプリがサポートされて、セブン・イレブンのネットプリントが利用できます。

出先で簡単に修正してセブン-イレブンでプリント。
本当に有難いですね。

異体字の探し方

2014.11.04

文字情報基盤 

前回の投稿で、IVSの記載をし異体字の扱いをご紹介しました。その中でAdobe-Japan 1-6対応製品をご紹介しました。
Windowsで標準でインストールされているMS明朝などはAdobe-Japan 1-6対応となっています。
従って異体字をサポートしています。
マイクロソフトIMEを使って異体字を探す事が出来ます。
IME パッドー手書きという機能があります。

この手書き機能を使います。
手書き窓は大きくした方が使い安いので真ん中ににある縦方向のバーを引っ張るとこのように拡大出来ます。
この中に探したい文字を手書きして下さい。
例えば[高]の文字を入力します。
候補は右に現れます。
対象となった文字を選び右クリックします。
《異体字挿入》を右クリックして下さい。
異体字候補が現れます。
その中から選択し、クリックすれば入力可能です。

1|2|3|4|5|6|7|8|9|10|11|12|13|14|15|16|17|18|19|20|21|22|23|24|25|26|27|28|29|30|31|32|33|34|

テーマ アーカイブ
Windows10
DTP
ユニバーサルデザイン
エコ
基本情報 個人情報保護法 JIS Q 15001 プライバシーマーク
印刷用紙
PRINT 09 展示会
e-book
スマートフォン 
Google 検索
クラウド 
タブレット 
ソーシャルメディア ポリシー 
印刷機 
クラウド
Drupa 2012 展示会 
AR
QRコード 
Pintrest
デザリング
O2O
SNS
画像認識技術
セキュリティ 
動画マーケッティング 
マイナンバー 
オムニチャンネル 
3Dパノラマ
食品の機能性表示 
文字情報基盤 
基本情報
雑記
月別 アーカイブ
2015年11月
2015年06月
2015年05月
2015年04月
2015年03月
2015年02月
2015年01月
2014年12月
2014年11月
2014年10月
2014年09月
2014年08月
2014年07月
2014年06月
2014年05月
2014年04月
2014年03月
2014年02月
2014年01月
2013年12月
2013年11月
2013年10月
2013年09月
2013年08月
2013年07月
2013年06月
2013年05月
2013年04月
2013年03月
2013年02月
2013年01月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年09月
2012年08月
2012年07月
2012年06月
2012年05月
2012年04月
2012年03月
2012年02月
2012年01月
2011年12月
2011年11月
2011年10月
2011年09月
2011年08月
2011年07月
2011年06月
2011年05月
2011年02月
2011年01月
2010年12月
2010年10月
2010年09月
2010年08月
2010年07月
2010年06月
2010年05月
2010年04月
2010年03月
2010年02月
2010年01月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年09月
2009年08月
2009年07月
2009年06月
2009年05月
2009年04月
2009年03月
年月
RSS1.0

ご注文やお見積り、資料請求、お問い合わせはお気軽に 電話096-319-5933(受付時間 平日AM9:00〜PM18:00)お問い合わせフォームはクリック